FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-01-21 (Mon)
小説第最終話公開しました。

「早座夜話 山-78-」

目次ページはこちらから。




おおおお…終わった…!!
更新に5か月くらいかかったんですね…。
小説本文は書き終えてからの更新だったので、
今は、「更新終わった」っていう感慨に浸っております。

本文書き終わった5分後に書いた「あとがき」は、
78話の拍手コメントに入れてみました。
そっちの方は、ちょっとテンション
感じになってます。

どっちかというと、
自分の為に書いたような話だったので、
ここまで読んで下さった方には、
わざわざお付き合い頂いて、
ホント、すみません…。
と、お詫びするしかないのですが。

それでも、ちょっとでも、
面白いと思って頂ける箇所があったとしたら、
幸いです。

1話だけでも読んで下さった方々に感謝です!
本当にありがとうございました。


ではでは、わたくしは、
持込み用ネームの制作に
集中しようと思います。


| 早座夜話 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-01-19 (Sat)
小説第77話公開しました。

「早座夜話 山-77-」

目次ページはこちらから。





反省会は続いております…。


思った以上に動いたな。というのが和那。
むしろ、ちょっと待てェェェ!と
叫んで呼び止めたくなるくらい、
私より先に行きました。
最終的に「出世払いで。」という、決め台詞も出来ました。


ウサギが出た後にカメが出てくる、という
シンクロニシティも起きました。
しかもその後、水流が出てきて、
つるかめ…っていうオチ。

でもそういうことって、ちょいちょい起こるから。
創作って楽しい、と思います。


当麻とのどかは結構いちゃいちゃさせられたので、
それは良かったと思います。
ていうか、こいつらはもっと先に行ってもいいんじゃないかと。
むしろ進みが遅すぎるんじゃないかと。


| 早座夜話 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-01-17 (Thu)
小説第76話公開しました。

「早座夜話 山-76-」

目次ページはこちらから。





頭の中で作ってる時と、
作品として外に出したとでは
色々変わっていったりするものですが。

当麻とのどかは、漫画では何度か描いたことのある
キャラだったので、変化とか無かったです。

西花はあまり、キャラ立ってなかったな~。
女の子好きで軽やかな人、というつもりだったのですが。
…今思えば、及川みっちーをお手本にすれば良かったんだ。
そーか!

闇雲さんはここで書くまで
山ン本五郎左衛門[さんもとごろうざえもん]にするつもりでした。
「稲生物怪録」に出てくる妖怪の総大将です。
でもやっぱりオリジナルの方が、
何かと角が立たないだろう、と思って変更(笑)

梵天も、もとは「五月[さつき]」という名の
雌猫で考えてたんですが、
猫ってありきたりだな。と思って、
兎に変更。

漫画と小説の違いといえば。

のどかの友達の千登勢と鈴は、
漫画だと賑やかな会話で画面を盛りたててくれる
キャラたちなんですが、
小説だと出番無かったです…。

昔からいるキャラに申し訳ない。


てな感じで。

小説更新も終わりかけなので、
脳内で反省会が開かれております。



| 早座夜話 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-01-15 (Tue)
小説第75話公開しました。

「早座夜話 山-75-」

目次ページはこちらから。





小説の方はあと3話で終了です。
話の流れ的にはもうまとめに入ってる段階。

山の章に出てくる日田勝峰は架空の土地ですが、
こんな地方があったらいいな~と
思いながら書きました。


豊かな自然があって、
昔からの伝承や民俗があって、
それを活かして経済効果をもたらす
ことが出来る人がいる土地。


結局出てこなかった藤白さんが、
山を買い取った話とかも書いてみたいですけどね。

和那はよそ者の子だから
いじめられたりしたんだろうな~とか。

当麻の今後の身の振り方とか。

色々、
尽きないです。


| 早座夜話 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-01-13 (Sun)
小説第74話公開しました。

「早座夜話 山-74-」

目次ページはこちらから。





1月7日の記事で、
間違ったことを書いてしまいました。

ワトソンは原作でもアフガニスタン帰りでした…。

謹んで訂正いたします。

いえ、今日たまたま本の整理してたら
「ホームズ」が出てきたので、
パラっとめくってみて、気付いたんですよね~。

配属が決まった時は連隊がインドにいたんだけれども、
ワトソンが任地に到着する前に
第二次アフガン戦争が勃発したので、
カンダハルで連隊と合流した、という経緯です。

最初の「インド」だけを私は記憶していたようです。
あと、イギリス植民地といえば→インドっていう、
先入観もあったかと。
「小公女」とか「日の名残り」とか読んでたので。

「シルヴァー・ブレイズ号事件」でカレー食べてたのも
インド感UP!

自信もって覚えてるつもりのことが、
間違ってたりするから。

気をつけます( ̄^ ̄ゞ




| 早座夜話 | COM(0) | | TB(0) | |